当サイトで英語や英会話の解説をしませんか?

「英語学習で困っている人たちを助けたい」
「英語が苦手な人に『ひょっとして英語は簡単かも?』と感じてもらい、英語を得意にしたり、面白いと思ってもらいたい」
「英語が得意な人を、より得意にしたい」
「かんたんな英会話ができるように導きたい」

当サイトは、このようなコンセプトで運営されています。
あなたも、先生、塾講師、英会話講師などで教えてきた経験を生かして、当サイトにて「英語や英会話の面白さ」を多くの人に伝えませんか?

<当サイトの先生になるメリット>
・無料で記事を公開しているため、金銭的な報酬はありません。しかし、本の出版、セミナーをする機会があります(ただし、必ずその機会があるわけではありません)。
(例1)2015年6月26日に当サイトより『やりなおしの中学英語を完成させる』が出版!(江間先生と石崎先生の共著)


(例2)2015年4月11日、江間先生、石崎先生の共同でセミナーを実施しました。

※江間先生が登壇されている様子。

・本を出版した後、塾長の石崎先生が運営するネット媒体で宣伝しますし、セミナーも同じ媒体で集客します。つまり、他で本を出したりセミナーをしたりするよりも、ブランディングや集客などで有利に進みます。
塾・家庭教師の生徒の募集のPR、本のPR、英会話教材のPRなどができます(ただ広告できるスペースは決まっています。どのように宣伝できるのかは、当サイトのページを見てみてください)。
・運営者はネット集客の専門家なので、あなたがブログを運営するよりも多くの人に見てもらえる可能性がグッと増えます。


無報酬、無料公開に抵抗があるかもしれません。
もし、抵抗があるのなら、わたしの「本になった話」を読んでみてください。

<本になった話>
・塾講師をしていたときのノウハウをもとに「Get you!! English!!わかりやすい英文法」というウェブサイトを無料で公開。
・無料で英文法の解説を読めます。だから読者は読みます。
・集客にかなりチカラをいれました。
・このサイトを読んで「わかりやすい」と思っていただいた人は「ファン」になってくれました。
・ファンのお陰で、出版ができました(編集者も「出版しましょう!」と言ってくれました)。
・ファンが本を買ってくれました
・わたしのノウハウが世に広まりました。


一方、もし有料にしたとすると、つぎのようになっていたと思います。

・有料の英文法を解説したサイトを作成。
・「石崎って誰? なんで、得体の知れない人にお金を払わないといけないの?」と思われて、読者はいないまま。
・いきなり本の出版を目指しても、編集者は「石崎って誰? きっと本は売れない」と思い、いくら出版するために活動しても本を出版できない。
・「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまった……。


「その話はわかった。でも自分でブログを運営すればいいのでは?」と思われたかもしれません。

しかし、いくら、あなたの教えるノウハウが素晴らしいものであったとしても、ブログに集客できなければまったく意味がありません。
集客力のないブログは、いわば「孤島」のようなもので、いくらブログに素晴らしいノウハウを掲載していても、誰もブログを見ませんし、広まらないのです。

もし、あなたが集客のノウハウがあって、かなりの労力をさけるのならば、ご自分でブログなどを運営することをお勧めします。
もし、あなたに集客のノウハウがなかったり、集客にかける労力をさきたくなければ、当サイトをご利用することをお勧めします。
当サイトは、集客に関して、つぎの対策をしています。

・ネット集客の「プロ」が運営しています(ネット集客の本を何冊も出版しています)
・いろいろなサイトを運営しているので、そこからSEOを施します(SEOなど集客のプロです)。
・1万部のメルマガを運営しているので、そこからも集客します(不定期)。


ほかにも「自分で出版したりセミナーしたりすればいいんじゃないの?」と思われたかもしれません。

しかし、出版不況の昨今、出版にこぎつけるまでかなりの労力が必要ですし、労力をかけたからといって必ずしも出版できるわけではありません。また、出版できたとしても、とにかく本を売らないと「次」はありません。

当サイトから出版が決まれば、石崎先生の運営するネット媒体にて宣伝できるので、本がより売れやすくなります。

なお、「本を出しさせすれば本が売れる」と思っている人も多いようですが、本を出版する人の大部分がそのように思いながら本を出しています。しかし、本が売れるのは1割にも満たないのです。

当サイトで、あなたの教えるノウハウを公開して、読者に喜ばれ、あなたのノウハウ、塾なども知ってもらいましょう!

募集内容

つぎのものを募集しています。
メルマガや塾、家庭教師で利用しているもので構いません。
※ただし、当たり前の話ですが、市販の参考書や問題集のコピーなど著作権違反のものはダメです。

・中学英語の解説
・中学英語の練習問題
・高校英語の解説
・高校英語の練習問題
・英会話
・英語学習法、コラム

なお、原稿は、原則、メール、テキストファイル、wordファイルで送っていただくことになります。
HTMLがわかるかたは、HTMLでお願いします。
※紙の原稿を上記のデータにしてほしいと思っている場合は、申し訳ないですが、有料とさせていただきます。ただし、PDFファイルで公開する場合は無料でPDFファイルにします。まずはご相談ください。

参加しようと思えばご連絡ください

もし、当サイトの趣旨に賛同していただいて、参加を希望されるのなら、ご連絡ください。
その際、つぎのものをメールに書いていただければ、スムーズに話が進みます。

・プロフィール
・塾や家庭教師の募集をしたいのなら、そのURLや住所など

なお、英語のアプリを販売していて、それを宣伝することもできます。その際も、そのURLをお教えください。

サイトの運営者である石崎秀穂までご連絡ください。このサイトに連絡先があります。

著作権と制限

みなさまが書いた記事に関しては、著作権はもちろんみなさまのものです。
もし書籍化の話が出たときは、そのまま利用していただいても構いませんし、今まで通り塾や家庭教師などで利用していただいても構いません。

しかし、一度、当サイトで掲載した記事は、原則、削除できません

「集客」には、かなりの労力がかかりますが、削除すると、その労力が無駄になるためです。
なお、どうしても記事を削除したい場合は、記事の公開、集客にかかった労力の実費をいただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

わたしも投稿した記事は削除しませし、また最低でも、数年単位でサイト運営します(広告で、サーバー代などが確保できる限り運営を永続させたいと思います)。

また、ほかのウェブサイトで、まったく同じ文章を利用するのは控えてください

メルマガの原稿を利用する場合はバックナンバーを非公開(最新号のみの公開)にしていただけると幸いです(SEOで、記事のコピーは厳しく処罰されるためです。集客に悪影響が及びます)。

あとは、絶対に、著作権法違反をしないでください。

当サイトに投稿した原稿に関して、著作権法違反など各種権利の侵害が発覚した場合、すべて責任をとっていただきます。その件に関して、わたしに損害が生じた場合も損害賠償請求します。あらかじめご了承ください。

先生からの疑問

疑問1:どのくらいの分量の原稿が必要ですか?

最低、「30文字×30行」の原稿、10枚以上でお願いします。
ただ、無料の記事はかなりの分量を用意したほうがいいと思います。なぜなら、読者は、その記事を読んで、あなたに家庭教師を頼もうかどうか、あなたの塾に入ろうかどうかなどを考えますので。 ※ノウハウをすべて無料で公開する必要はありません。

疑問2:文章を他のサイト、メルマガでも利用したいと思っています。記事の一部をブログやメルマガで紹介することは可能でしょうか?大丈夫な場合は、どの程度までOKでしょうか?

もちろん大丈夫です。
ただ、SEOの観点から記事の全部をそのままコピーするのは避けていただきたいです。

内容は同じでも構成、言い回しなどを変えていただくようにお願いします。

ちなみに、その場合、こちらで運営するサイトのリンクをはっていただければ幸いです(例)あなたの運営するブログにて、当サイトに投稿した原稿を3割だけ利用→あなたのブログに当サイトへのリンクも掲載すればOKです。

疑問3:塾で利用している、紙のプリントを郵送したいのですが、それでもOKですか?

原稿は、メール、テキストファイル、wordファイルでお願いします。
紙のプリントをデータにする場合は、申し訳ないですが、原則、有料となります(外注します)。別途ご相談ください。
ただ、PDFファイルとして公開することもできますので、まずはご相談ください(この場合は無償です)。

「みんなの英語塾」のトップページ